鶴見 美容室 VANESSA(ヴァネッサ)

2019年10月より増税に伴い価格改定のお知らせ

LINEで送る
twitter

お客様各位

令和元年10月1日消費税が増税するにあたりまして、当店の施術・商品販売にかかる税率も
8%→10%に改定致します。

また、税込価格表記のメニューについても価格の改定をさせて頂きます。

セットメニュ、クーポンメニューのそれぞれが税込の価格表示を

させて頂いておりますが、10月1日からは消費税を含む価格に改正させて頂きます。

つきましては予約時の価格ではなくご来店時の価格とさせていただきます。

(ご予約を入れた日にちが9月でもご来店が10月ならば改正後の価格を適用とします。)

お客様にはご不便、ご迷惑をお掛け致しますがご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

VANESSA

メニュー料金改定のお知らせ。

LINEで送る
twitter

 

いつもVANESSAをご利用いただきありがとうございます。

 

急ではございますが、2019年9月1日より、下記の通り料金を変更

させていただきます。

 

 

大変ご迷惑をお掛け致しますが、

変わらぬご愛顧の程宜しくお願い致します。

白髪染めとオシャレ染めの違いって、、、

LINEで送る
twitter

7148858daee34f2ebeafea8ee7ce4f72_s

_よく聞かれる質問_

お客様から、時折

「そろそろ白髪が出て来てしまって、私ももう白髪染めですか?」

なんて聞かれることがあります。

「そもそも白髪染めとオシャレ染めってなにが違うんですか?」

そうです。存じないですよね!

そこで今回は「白髪染めとオシャレ染めの違い」を話します!

単刀直入に言いますと、

「違いはありません!!」

本当に特にありません。

では、なぜ白髪染めとオシャレ染めという種類が存在するのか?

____________

カラーの技術は基本的に塗り絵の感覚だと思ってください。

白い画用紙(白髪)と黒い画用紙(黒髪)があります。

そこに、赤い色を塗ります!

すると、白い画用紙はキレイに赤い色になり、黒い画用紙はほぼ黒いままです。

____________

といったように、白い画用紙にはそのままの色が出てしまうため、通常のカラー剤で染めると、

不自然な色

になってしまいます。

そのため、一般的に言われている白髪染めは茶色の色素がやや多く入っているため、

自然な染め上がりとなります。

そして、白髪自体は明るくする必要がないため、明るくする成分がやや控え目になっています。

(色を入れるため多少は入ってます)

逆に言うと、サロンワークではオシャレ染めとして白髪染めを選ぶこともあります。

「茶色が多い」=「色落ちが少ない」

____________

当然暗めになればなるほど、キレイに染まり易く。

明るめにするほど、キレイに染まりにくい。

というのは事実です。

VANESSAではそういった希望のお客様には、

「白髪染め」と「オシャレ染め」を適切な配合をし、

なるべく明るめにしっかり染まる、ファッショングレイカラーも多く用意しております。

「白髪染めに変えなきゃ」

などと思わなくて大丈夫です。

状態を見極め、適切な薬の選定をして、

素敵な色に仕上げます。

是非一度、ご相談ください。

次回はホームカラーとサロンカラーの違いについて…

店長_若命敦之

→若命敦之のプロフィールはコチラ←

予約はコチラ

→VANESSA_HP←

おしゃれをもっと。あなたとずっと。

↓リアルな動画でVANESSAの雰囲気と技術を↓

VANESSA_MOVIE

↓イイネしてお得な情報GET↓

Facebook

↓HPに載ってない写真はコチラ↓

instagram

↓スタッフのファッションコーディネート↓

WEAR

Comments are closed.